夏には美味しい水出し茶です。

夏には美味しい水出し茶です。
こんにちは。デザイン担当の山中です。

新茶に続いて今回オーナーの皆さんにお届けする梅雨番茶。あまり聞きなれないお茶なんですが、インターネットで調べてみても…ほとんど情報がでてこないんですね。てっきり日本全国共通のお茶と思いきや、どうやら奈良だけのお茶(番茶)ということが判明。

番茶と言うと、新茶に比べて劣るイメージがあったりするんですが、タツミさん曰く、「在来種の育つオーナー茶畑のお茶は、新茶よりも番茶にこそ価値がある!」と言いきります。この番茶の価値観は、JA、茶問屋さんとは相反する価値観なので、そのまま取引される事も無く、そして市場に出回ることもありません。

「すごいでしょ!この梅雨番茶!一般では流通しない価値のあるお茶なんですよ!」っと安っぽい自慢をボクはしたいのではなく、生産と流通の不一致により
実は色んなジャンル・領域にこの様な問題が潜んでいたりして、結果、誰もその価値に気づかず、大量生産・消費の波に消えていく悲しき現実があると思うと何とも残念な気持ちになります。

幸い、今の時代はインターネットのおかげで、私たちの様に資本が無くても小さな規模でコツコツとできる時代です。本当に面白い時代だなと思います。

さて。この梅雨番茶の美味しい飲み方。オススメの飲み方は水出し茶です。何杯でも飲みたくなる味わい。何杯飲んでも飽きがまったく来ないのが不思議。キリンのぐい呑みグラスが素敵でしょ。

作り方ですが、1リットルの水に対して、20gの茶葉を2時間冷蔵庫で抽出。コレを基準に濃いと感じたら、水を2倍の2リットルにするか、茶葉の量を半分の10gに。抽出時間は、一晩(8時間)でもほとんど味が変わる事はないとの事です。

日持ちは4.5日は大丈夫とのことですが、暑い夏の日の冷蔵庫の中のお茶が4.5日も無くならないって事自体考えられませんけどね。(笑)

と。ずっと水出し茶用の気の利いたボトルないかなって探していたら、たまたま立ち寄った、神戸三宮のIKARIスーパーに陳列してあって、早速ネットでメーカーページや仕様、レビューなど見たところ、コレがかなりよく出来ているんですね。

↓これ早速注文しました。週明けには届く予定ですので、
また使用感などお知らせしたいと思います!
■HARIO/フィルターインボトル