お茶の物語。茶畑の四季を楽しんでいただけます。

一年を通じて、同じ茶畑で採れたお茶を味わう…。現代の日本において、このような機会はなかなか無いのではないでしょうか?
5月中旬に摘む一番茶(新茶)に始まり、二番、三番、秋の四番茶、そして紅茶まで。

季節と共に旬のお茶を味わうことは、この上ない贅沢と言えるでしょう。収穫時には、ぜひご自身の茶畑に足を運んでいただき、移りゆく茶園の風景を感じていただければと思います。

リーフレット

オーナー制度は消費者と生産者を直接つなぎ、これからの日本の農業、そして風景を 支えていくとてもシンプルな仕組みです。

こんにちは。タツミ茶園2代目 巽直弥です。オー ガニック茶に関わりはじめて5年が経ちました。 当初は無肥料・無農薬のお茶をつくる ことその ものに意義を感じていましたが、やり進めて行く うちに「お茶を“商品”として買っていただくだけ では、意味が無いのではないか?」と疑問を感じはじめました。

お茶を購入する人がお茶の栽培 から関心が持て、僕たち農家と直接つながる関 係。これからの日本の農業、そして風景も支えていく関係。それがオーナー制度です。

*画像をクリックするとPDFファイルをご確認いただけます。