初摘み。初夏の茶摘みイベント無事終了しました!

茶摘み集合写真

UMEZUKI名義では今回で2回目となる茶摘み&製茶体験イベントですが、
ご参加のみなさま。昨日はお疲れさまでした。そしてありがとうございました。

 

心配していた雨も、午前中は何とか持ちこたえて、
日差しもほどよく、緑色の気持ちイイ茶畑を眺めながら
最高の茶摘み日和でしたね。

 

前回の茶摘みイベント開催は、去年の秋。
当時の参加者は関係者あわせて、5人未満。

 

それが!今回は4倍にあたる20人!の方が参加です。
*前回は、開催日が平日だったんです…

 

午前中は茶摘み、午後からは製茶を行ったんですが、

20人で、2kgの茶葉を、2時間かけて摘みます。
20人で、2kgの茶葉を、2時間かけて摘んで。

お茶の製茶の様子。こちらの手揉みはおっさんグループです。(笑)
その後せっせと2時間、茶葉を手でもんで。

手もみ製茶でお茶になりました。

できあがったお茶はたったの!200gです…
写真は、10gぐらい。

 

でもそんな採算や効率では語り尽くせない、
有意義な時間を満喫できましたよ。

DIY!ツリー茶室。

初公開のツリー茶室。
誰でも手に入れることができる安価な部材で作っています。
もちろんDIY!
残りの作業は、天井を塗って、屋根の防水処理を軽くやって、畳を敷いて、開閉式のルーバーの壁を作って、です。
完成したら↓この著者にも写真送ってみよう。っと。
Made by Hand ―ポンコツDIYで自分を取り戻す (Make: Japan Books)

改めまして。
「オーナー制度」のビジョンのひとつに、「生産者と直接つながる関係」があります。
ボクはデザイナーとして、「モノをデザイン」するだけでなく、
「関係のデザイン」や「コトのデザイン」という見た目以外の部分を
デザインの領域として関わっています。

 

消費者と生産者が直接つながったり、
今回の様にイベントを通じて実際に現場に足を運んだりみたりすることで、
今までとは違う視点でモノゴトを感じとることができるんじゃないかなと。
消費者として自分が社会とどのように関わっているのかを考えるきっかけになるんじゃないかと。

 

そんなひとりひとりの思いや行動が世の中を大きく動かして、
生活を豊かにするんじゃないかなと思います。

 

次回の茶摘みは、秋に予定。
その頃にはツリー茶室も完成しているでしょう。
オーナーの皆様いつもありがとうございます。

 

デザイナー 山中。

 

追伸「DIY手もみ製茶」完成したら是非ご一報くださいね。
あっ。このオーナー制度で僕が「モノをデザイン」しているとしたら、
それは「茶畑のある風景」だと思います。