お茶の物語。茶畑の四季を楽しんでいただけます。

一年を通じて、同じ茶畑で採れたお茶を味わう…。現代の日本において、このような機会はなかなか無いのではないでしょうか?
5月中旬に摘む一番茶(新茶)に始まり、二番、三番、秋の四番茶、そして紅茶まで。

季節と共に旬のお茶を味わうことは、この上ない贅沢と言えるでしょう。収穫時には、ぜひご自身の茶畑に足を運んでいただき、移りゆく茶園の風景を感じていただければと思います。

茶畑のオーナー制度『UMEZUKI 梅月』がグッドデザイン賞授賞しました。

本オーガニック茶畑のオーナー制度 『UMEZUKI 梅月』が、
「2011年度グッドデザイン賞」を受賞致しました。

本オーナー制度は東日本大震災以前から行っておりますが、
日本の農業が今回この様なカタチでクローズアップされる事になり、

“茶畑のオーナー制度『UMEZUKI 梅月』がグッドデザイン賞授賞しました。” の続きを読む

毎日新聞ローカル マチゴト

毎日新聞ローカル マチゴト豊中・池田
2012/5/10 vol.39

“「日常の中で当たり前にあるものを疑ってみる。そこから見えてくる新たな価値観に気付けば、きっと今よりもっと面白い風景が浮かんでくるはず」
2009年から奈良県月ヶ瀬村のタツミ茶園とともに始めたオーガニック茶園のオーナー制度は、冒頭の考え方が根底にある。

“毎日新聞ローカル マチゴト” の続きを読む

茶畑にツリーハウスの茶室を作ります!

20120602-073229.jpg

「木の上の家」に建てるツリーハウス。ツリーハウストップクリエイター&第一人者である、小林崇が手掛けたツリーハウスが京都宮津方面の日本海に面した所にあるというので、視察に行ってきました。

ツリーハウスは法律で言う所の建築物に当てはまらないので、法律無視で自由に作る事が出来るんです。

そんな自由な感じも僕たちを虜にさせてしまうツリーハウスで茶室を作っちゃおう!って企画がはじまります。

おそらく日本初でしょう。茶畑の麓にツリーハウスの茶室を作るのは。新茶のシーズンが終わったら少しずつ進めていきたいと思います。

このBlogでも情報を随時更新していきますので、みなさん乞うご期待ください。