お茶は畑から生まれます。

奈良月ヶ瀬在来品種

みんなの茶畑オーナー制度の山中でございます。奈良月ヶ瀬の一番茶の収穫がはじまりました。新芽を持つ巽さんの手は、やっぱり農家さんの手ですね。かっこいいー!

今日はご報告があります。今まで、オーナー制度として、年間を通じて季節のお茶をお届けしていましたが、これからは単品でも購入&お届けできるようにします。数に限りがあるので、ご興味のある方、早めにご連絡ください!

ところで。お茶の評価や値段ってどうやって決まるか知っていますか?知らない?では教えましょう。1、収穫が早くて市場に早く出荷できる!(標高が低いところ)、2、茶葉の見た目がキレイ!(農薬、肥料しっかり!)、あと、3、人気の品種だと、業者さんはお茶を高くで買ってくれるんですね。

でもこれって、品質とはまったく関係ない。日本の閉鎖的なお茶業界の闇です…宇治茶って宇治だけで作ってないもん。

一方、この月ヶ瀬のお茶は、日本でも収穫が遅くて(標高が高くて、霧も多くて、激しい寒暖差)、在来品種だから茶葉は不揃い、農薬も肥料も使っていないから、お茶の色もキレイなグリーンじゃない。てな所です。

ここからが本題です。なぜ?単品での購入もできるようにしたのか?

事業を立ち上げた7年前は、「オーナー制度」を前に出して、茶畑とダイレクトにつながる事をコンセプトにしていました。そのためには「制度」と言う言葉と仕組みが必要でした。

そして翌年。311東日本大震災が突然やってきて、以降、今までの価値観を見直す事になり、地域や農業が表舞台に出るようになって、スマホも浸透して、合わせてSNSも普及して。

シングルオリジンって言葉も認知されるようになって、生産背景の透明化が求められるようになって、消費者は生活者と呼ばれる様になって、多様な価値観でより賢く、生産者と繋がるようになった。

「これって、僕たちがオーナー制度で目指していた事じゃない?もうそんな世の中になったよね」って。

そんな移りゆく時代の中で「オーナー制度」という言葉そのものに随分前から違和感を感じていました。もう「オーナー制度」という言葉が時代の中で役目を終えたのかも知れないなぁって。

農業や地域、そして消費活動そのものもデザインとして捉え、グッドデザイン賞も受賞したし、デザイナーのとして時代の先見性があったとは思っています。

ちなみに、農業や地域にデザインの要素を加えた、大先輩、佐藤卓さん率いる『ほしいも学校』も同じタイミングに、同じカテゴリーでグッドデザイン賞を受賞されています。それがきっかけで、恐れ多くも対談させていただいたし、それからも何度か、一方的にボクがお邪魔しては、ご一緒させていただいたりと。「次、お会いしても、恥ずかしくない仕事をしていよう。」と、いつも自分に言い聞かせています。

言うまでもなく、梅原真氏は、まさにレジェンドです。

ちなみに、とっても有名になってしまった、みなさん大好き(笑)、「東北食べる通信」が、グッドデザイン賞を受賞するのは、それからしばらく後のことです。

お茶は畑から生まれます。「日本のお茶」や「宇治のお茶」といった曖昧な言葉ではなくて、ボク達のお茶は、「奈良月ヶ瀬」にある、みなさんが茶摘み体験で足を運んでくださるあの場所で生まれています。

種から育てた樹齢50年以上の在来品種のお茶の樹を無肥料・無農薬、自然栽培という(雑草栽培と呼んでもイイ!)環境の中で、茶農家の巽さんファミリーが面倒を見てくださっていると。

そんな事実をお互いが理解し合い、商品を手にとってくれれば、それで良いじゃないか。と。

まとめにはいります。これからは、もっと純粋に、「生産者」と「生活者」がシンプルにつながれば良いなと感じるようになりました。そこには、「制度」は必要なくて「仕組み」も必要ない。オーナー制度という存在はこれから消えていくけれど、関係はこのままでありたいと思っています。

今まで、サポートしてくださったオーナーの皆様。イノベーターとして ボク達の活動に理解していただいて感謝しています。
USTREAMで茶畑から生放送していた頃が懐かしいです。 そして茶畑に足を運んでくれた皆様もありがとうございました。

まるで、もうボク達がいなくなる様な締め方だけれど、そうじゃありませんからね。「制度」と言う言葉と仕組みが無くなるだけです!もちろんこれからも年間を通じての契約も続けますし、茶摘み体験も行います。

今年も茶畑の一年が始まります。どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

奈良月ヶ瀬 みんなの茶畑 主宰 山中史郎・園主 巽直弥

アメリカ発のサードウェーブコーヒムーブメントをきっかけに。日本のお茶の新しいムーブメントが、ここ奈良県月ヶ瀬から動きだすとイイ。

在来種の茶樹が育つ奈良県月ヶ瀬の茶畑。

2014年が始まりましたね。日本にも続々と上陸中のアメリカ発のサードウェーブコーヒームーブメント。このムーブメント、『シングルオリジン』と言って、どこの国の、どの地域で、どんな生産者が、どのようにして作ったコーヒー豆かがわかることだったり、『ダイレクトトレード』と言って生産者と直接取引したコーヒー豆を用いる事がコンセプトになっていたりします。

その他にも、日本の喫茶店ではおなじみのハンドドリップと言って、コーヒーポットを持ってお湯を注ぐスタイルで淹れるというのもひとつの特徴だったり。と言っても、ハンドドリップスタイルは今でも煙草が吸える日本の純喫茶あたりでは、当たり前の光景だったりするのですが、サードウェーヴの前のセカンドウェーブ(スタバやタリーズ)では、イタリアンエスプレッソマシンスタイルが主流だったので、ポットから注ぎこむスタイルは新鮮なのかも知れません。

サードウェーブの事を色々見てみると、その伝えたいメッセージや思想が、わたくたちが取り組んでいる茶畑のオーナー制度に近いところもあって気になっています。できれば本場に行ってみたい。って。ハンドドリップって?!急須ですよ!急須!私達の場合はダイレクトトレードというより、オーナーさんを募集して生産するオーナー制度なので、もう一歩先を進んでいるかもしれませんね。(笑)『シングルオリジン』っていう響きもなんて素敵なんでしょう!『国産茶葉100%』よりもイイ。

普段何気なくモノを食べたり、買ったりしている訳ですが、『この何気ない消費行動が自分達の暮らしにつながっている』という事実を胸にそっと。今年も茶畑のオーナー制度がはじまります。

という訳で。2014年度の茶畑のオーナー募集準備中です。日本のお茶の新しいムーブメントが、アメリカ発のサードウェーブコーヒムーブメントを起因に、ここ奈良県月ヶ瀬の地から動きだします!だとイイです。今年は樹の上に建設中の『ツリー茶室』も完成します!『ツリー茶室』のネーミングも『空中茶室』なのか、『空中カフェ』なのか考えないといけませんね…

サードウェーブコーヒとお茶についての詳しい考察も、みなさまからのご意見お待ちしております!デザイン担当:山中

追伸)エントリーの写真は決してイメージ写真ではありません。このオーナー制度で運営している、奈良県月ヶ瀬にある茶畑の様子です。ここに植えられているお茶の木は、『在来種』と言って日本のお茶のルーツとも言うべきお茶。お届けするお茶もこの茶畑で穫れた茶葉だけなので、茶葉の個性をダイレクトに味わえる、まさにシングルオリジンのお茶です。

在来種のお茶は、経済合理性がすごく悪いので、農家さんには不人気の品種なんですが、大量生産・大量消費の時代を経て現代に蘇ろうとしています。

タツミ茶園 秋の茶刈 始動 秋の夜長に、思う。

朝と、夜が、10℃以上違う。
こんな、気候になると、秋の茶刈を、タツミ茶園は始める。
夏から秋にかけて、育ってきた芽が、伸びるのを止めるタイミングだから。
葉は青くなり、硬くなる。
冬に向けて。
今の収穫の具合で、来年の新茶の具合にも、影響を与える。
たった、1~2センチ。
調整しながら。

近年、秋のお茶に対する需要が高まっている。

加工用のお茶が逼迫しているから、とのこと。

『お茶は売れている』

僕は会う人、会う人に、必ずそう伝える。

茶業者よ、誇りを持ってそう伝えようではないか!

茶の消費は低迷している、そんな暗示にかかっていたんですよ。

ペットボトル緑茶は、もう、若者のライフスタイルにしっかりと定着している。

だから、僕たちは急須で呑むことに縛られず『茶文化』を、発信していく。

日本の伝統、自然と人間の調和、

熱く、熱く、じっくり、じっくりと。

タツミ